INFORMATION

2018.03.07INFORMATION

TOROPICAL UNICO~BEHIND DESIGN NO.31

手塚治虫の少女マンガ「ユニコ」と「TSUMORI CHISATO」のコラボレーション第2弾が実現しました。

今シーズン選んだのは「くろい雨と白い羽」で登場する妖精の住む島と少女チコのシーン。

デザイナー津森千里が手描きのパームツリーやお花を配し、明るい南国風のテキスタイルになりました。

 

手塚治虫生誕90周年

手塚治虫というと『鉄腕アトム』や『ブラック・ジャック』等のイメージが強いですが、少女マンガ作品も多数残しています。

中でも、愛の魔法の力で人々に幸せをもたらす『ユニコ』は、今を生きる女性たちに寄り添うことが出来ると信じ、手塚プロダクションでは『ユニコ』リブート企画を推し進めてきました。

オールカラー完全新版のマンガが装い新たなブックデザインでリトルモアより復刻発売され、多数の商品化やイベント等を実施しています。

今年は手塚治虫の生誕90周年イヤーです。

コラボレーションに際しデザイナー津森千里は、「子どものころから絵を描くことが好きで、マンガ家になりたい、と思ったことも。そんな私にとって手塚治虫さんは特別な存在。今回のコラボ、とてもうれしく思っています。」とコメント。

手塚治虫が少女たちに届けようとした愛の魔法と、TSUMORI CHISATO ふたつのファンタジーが詰まった幸せを運ぶ『ユニコ』ファッションをお届けします。

 

*関連アイテムは全国のTSUMORI CHISATO ショップにて、3月16日(金)より発売いたします。

名古屋タカシマヤ店のみ、発売を記念したユニコの複製原画の展示に合わせて先行発売しております。

 

<『ユニコ』 あらすじ>

幸せを運ぶユニコーンの⼦どもが主⼈公の愛の物語

やきもちやきの美の女神・ビーナスの命を受けた西風の精ゼフィルスによって思い出をうばわれ、時空を超えてさすらいの旅をつづけることとなった伝説の一角獣の子ども“ユニコ”。

ユニコは、時代と場所をさまようたびに記憶を消されながらも、行く先々で出会う人々が愛してくれさえすれば、ユニコの不思議な力でその者たちへ幸せをもたらすのです…。

 

手塚治虫氏 >

1928年11月3日大阪生まれ。マンガ家、アニメーション作家、医学博士。

1946年『マアチャンの日記帳』でデビュー。

1947年『新宝島』が大ヒットする。

以来、日本のストリートマンガの確立に尽くす。

また、アニメーションの世界でも、大きな実績を残す。

代表作『鉄腕アトム』『ジャングル大帝』『リボンの騎士』『火の鳥』『ブラック・ジャック』等がある。

1989年に60年の生涯を閉じる。